マジックソフトウェア・ジャパン 開発・連携プラットフォームのWindows 10への対応予定を発表

マジックソフトウェア・ジャパン 開発・連携プラットフォームのWindows 10への対応予定を発表

2015, 7月 30

マ ジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区 以下:マジックソフトウェア)は、2015年7月29日のMicrosoft Windows 10正式リリースを受け、主力製品であるビジネス・アプリケーション開発・実行プラットフォーム「Magic xpa Application Platform」(以下、Magic xpa)やシステム連携プラットフォーム「Magic xpi Integration Platform」(以下、Magic xpi)をはじめとした各種製品群の Windows 10への対応予定について発表いたします。

Windows 10対応予定時期

「Magic製品の Windows 10の対応予定について」(http://devnet.magicsoftware.co.jp/magicxpa/mgenv/win10support/)をご確認ください。

なお、主要製品の最新バージョンについては2015年内に動作確認を完了する予定です。

ワンソース・マルチデバイス対応の「Magic  xpa」

Magic xpaがWindows 10に対応するということは、Magic xpaや以前のバージョンのMagic uniPaaSで開発されたビジネス・アプリケーションが、Windows 10での動作が保証されることを意味しております。

多くの開発者やビジネスユーザーがMagic製品を長年ご利用いただいている理由の一つに、過去のアプリケーション資産をムダにすることなく、最新のプラットフォームに容易に移行できることが高く評価されています。

 

【Magic xpa Application Platformについて】

30年の実績が示す、高生産性と高保守性を誇る、ビジネスアプリケーション用の開発・実行プラットフォーム です。1つの開発環境と開発手法で、クライアント/サーバ、Webアプリケーション、RIA、モバイルRIAを開発できるMagic xpaは、国内800社以上の開発パートナーに活用されており、様々な業種に向けた300種以上のパッケージソフトウェアや、個別開発の業務システムが、 3万5000社以上の企業に導入されています。

【Magic xpi Integration Platformについて】

Magic xpi Integration Platform(Magic xpi) は、社内外に分散している様々なシステムやサービスが保有するそれぞれ異なるデータを、連携・同期・統合するデータ連携ソリューションです。主要な ERP、CRM、会計、人事、そして他の企業向けシステムを連携するため、レガシーシステムもクラウドも関係なく、データとビジネス・プロセスのフローを 自動化します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

ピックアップ記事

  1. 2017-12-12

    サードウェーブソリューションズ| 1200テーブルから統合データベースを3カ月で構築

    株式会社サードウェーブソリューションズ 1200テーブルから統合データベースを3カ月で構築 Ma…
  2. 2017-12-11

    株式会社ミルボン|EAIを独立したシステムにすることで変化に強いシステム基盤を構築

    株式会社ミルボン EAIを独立したシステムにすることで変化に強いシステム基盤を構築 …
  3. 2017-9-1

    Magic xpi Integration Platformを、最新の「On the Radar」レポートが推奨

    Magic xpi Integration Platformを、最新の「On the Radar」レ…
  4. 2017-8-10

    “つなぐ”技術 セミナー第2弾『IoT編』大阪・名古屋

    ノンコーディングでシステム連携を実現する「Magic xpi Integration Platfor…
  5. 2017-7-19

    マジックソフトウェアのIoT連携ソリューションをGigaSpaces InsightEdgeで強化

    マジックソフトウェアのIoT連携ソリューションをGigaSpaces InsightEdgeで強化 …
Return Top