EAIコラム第03回 「Magic xpi」のアタプタは全てネイティブ接続

皆さん、今日は。マジックソフトウェア・ジャパンの坂井です。前回はEAIシステムとは、基幹システムの一部であり24時間365日ノン・ストップで動き続ける要件を満たす必要があり、その条件を満たすのが超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」である事をご紹介させて頂きました。

今回は超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」が持つ豊富なアタプタが相手先システムの持つAPIと親和性が高く保守効率が優れている点についてご紹介させて頂きます。

EAIアタプタへの構成情報の設定方法

EAI製品を比較検討される場合、「EAI製品の持つアタプタの数」を比較されます。当然、超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」の持つアタプタ数66種類500機能以上はEAI製品の中ではトップクラスの製品です。

しかし、各アタプタが相手システムのAPIやソフトウェアと接続するにあたり、どの様にして接続インタフェースを構成するかが重要なポイントとなります。アタプタは相手システムの持つAPIに合わせた情報伝達(受渡し)のための「器」をAPIの機能毎に情報項目のマッピングを行う必要があります。プログラム経験のある方は子のプログラムやサブルーチンなどに渡す引数と思って頂ければ良いと思います。そのため、情報引渡のマッピングが狂えば、誤動作などを引き起こす要因となり、重大なシステム障害となります。

この情報伝達用の「器」の構成情報を「相手システムから受取り構成(ネイティブ会話型)」するか、最初から「スタティックにプログラミング設定型」で構成するかでEAI製品の保守運用性が違ってきます。(参照:図1_API構成情報の設定概念)

sakai3
(図1_API構成情報の設定概念)

ネイティブ会話型の場合は、相手システムに設定されている構成情報を必要な時に、相手システムより入手し、構成変更を自動で掛ける事が可能です。

しかし、プログラミング設定型の場合は、EAIの技術者が相手システムの構成情報を何らかの形態で入手して端末機器などより手入力で設定変更を行う必要があります。

この様にEAI製品の持つアタプタは相手システムとの情報連携を行うために相手システムの持つAPIの構成情報と同じ構成を持つ必要があり、相互互換を保ってシステム連携を行っています。

相手システムの変更に敏速に対応するのは「ネイティブ会話型」

近年EAI製品はERPに代表されるパッケージソフトウェア製品だけでなく、クラウド化されたサービスとシステム連携を行う様に進化してきています。しかし、クラウド化されたサービスの場合はサービス提供元の事由によりバージョンアップが行われています。バージョンアップは機能の追加や管理データの追加変更などにより行われ、システム連携を行っているAPIに対しても行われており、構成情報も変更される場合があります。

構成情報を変更すると、システム連携に不具合が発生し、場合によっては基幹業務が停止する場合もあります。この時、プログラミング設定型の場合は、①クラウドサービス提供元より新構成情報を入手(数日必要)。②EAIメーカ技術者に依頼してアダプタ構成情報の変更(日程調整)。③構成変更後のデータマッパーで各データフィールドを繋ぎ直す。④動作テスト。などを行い対応する必要があり、機能復旧まで数日要する事もあります。

しかし、ネイティブ会話型の場合は、EAIに予め設定された「構成情報再取得」などのボタンを押す事により、相手システムに設定されている構成情報を読込、EAI製品のアダプタに反映さす事が可能です。そして、変更されたデータフィールドだけに対してデータマッパーで設定を行う事で、操作テストを行う事が可能です。

如何でしょうか。超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」の持つアダプタは全てが「ネイティブ会話型」でマジックソフトウェアより提供されています。合わせて、主要データベースだけでなくExcel/Word、Notes、ExchangeやIBM i(AS400)他のアダプタが標準バンドル(無償提供)されていますので、身近にオフィスで扱いのソフトウェアを使ってのシステム連携が可能となります。集計・再入力など「定型業務で手間が掛かる」、「めんどくさい!」などの身近な業務も自動連携が可能となり、皆様の業務効率化のお役に立てる事と信じております。

さて、第3回目の私のコラムもこの辺で終わらせて頂きます。次回は超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」で簡単に出来そうな業務改善のお話をさせて頂く予定でいます。

最後までご覧頂き、誠に有難う御座いました。

超高速リアルタイムEAI「Magic xpi」にご興味がある方は、以下のページもご覧ください。

http://www.eai-xpi.com/gaiyo/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related post

ピックアップ記事

  1. 2017-12-12

    サードウェーブソリューションズ| 1200テーブルから統合データベースを3カ月で構築

    株式会社サードウェーブソリューションズ 1200テーブルから統合データベースを3カ月で構築 Ma…
  2. 2017-12-11

    株式会社ミルボン|EAIを独立したシステムにすることで変化に強いシステム基盤を構築

    株式会社ミルボン EAIを独立したシステムにすることで変化に強いシステム基盤を構築 …
  3. 2017-9-1

    Magic xpi Integration Platformを、最新の「On the Radar」レポートが推奨

    Magic xpi Integration Platformを、最新の「On the Radar」レ…
  4. 2017-8-10

    “つなぐ”技術 セミナー第2弾『IoT編』大阪・名古屋

    ノンコーディングでシステム連携を実現する「Magic xpi Integration Platfor…
  5. 2017-7-19

    マジックソフトウェアのIoT連携ソリューションをGigaSpaces InsightEdgeで強化

    マジックソフトウェアのIoT連携ソリューションをGigaSpaces InsightEdgeで強化 …
Return Top