詳細

Magic xpi Integration Platformの三本柱Magic xpiが提供するトリガー(連携フローを自動起動)差分抽出機能(追加、更新、削除)保守・管理の容易さMagic xpi ビジネス上の利点



Magic xpi Integration Platformの三本柱

開発環境の「Magic xpiスタジオ」、実行環境の「「Magic xpiサーバ」、実行環境のモニタリングの「Magic xpiモニタ」から成り立っています。

xpi3hon

上へ



Magic xpiが提供するトリガー(連携フローを自動起動)

トリガー機能によって様々なタイミングで自動起動することができます。

  • WEBサービス (WebServiceプロバイダー)
  • HTTP (Webアプリケーション)
  • キュー監視(MSMQ/JMS/WebSphereMQ/iSeries Data Queue)
  • E-Mail受信
  • フォルダー内のファイル監視(監視後、移動・削除・リネーム)
  • スケジューラー(カレンダー、インターバル)
  • SAP Business One監視
  • SAP A1監視(iDOC)
  • SAP ERP監視(iDOC)
  • Salesforce監視
  • SugarCRM監視
  • Exchange2007監視
  • ServiceMax監視

上へ



差分抽出機能(追加、更新、削除)

多数のトリガーで監視ができ、さらに追加、更新、削除されたデータの差分取得することが可能です。大量データの連携時など必要なデータだけ連携が可能になります。

xpi3hon2

多数のトリガーがイベントを監視、変更前後の差分取得できるのはMagic xpiだけ!

上へ



保守・管理の容易さ

導入後においても、Magic xpi モニタにより、連携メッセージの証跡(いつ、誰が、処理結果など)や連携プロセスのすべての処理時間が統計的に蓄積された、パフォーマンス追跡に非常な有効な機能を備えているため、システムの保守や管理が容易となります。

xpi3hon3
可視化されたアクティビティログ

上へ



Magic xpi ビジネス上の利点

  • SOAベースのシステム構築:開発生産性と再利用性の向上
  • 業界のトップ企業による20年以上の成功事例の実績
  • スケーラブルで柔軟なライセンス体系
  • 変化するビジネスニーズに対応する高い敏捷性と順応性
  • 短期間での実装と早期の投資回収
  • ワークフローとビジネスプロセスの自動化による人為的なミスの削減
  • システム連携基盤から単一障害ポイントを排除し、24時間365日の運用が可能
  • クラスタリングによる柔軟な拡張性と並列処理により、処理データ量の増大に対応

上へ


EAI、ETL、システム連携、データ連携、データ統合に関する様々なお問い合わせをお受けしています。以下のお問い合わせボタンよりお気軽にお申し付けください。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-23

    EAIコラム第11回 Magic xpi 4.6でリリースされたODataプロトコルの概説

    こんにちは、マジックソフトウェア・ジャパンの坂井です。 私のコラムにおいでいただき有難う御座います…
  2. EAIマガジン

    2017-6-20

    「Magic xpi 4.6」リリース!/Magic xpi 新パートナープログラム開始 [ EAIマガジン0620号 ]

    【 EAIマガジン 】 マジックソフトウェア・ジャパンでマーケテイングを担当している渡辺剛と申しま…
  3. おくすりPASS

    2017-6-19

    アイセイ薬局がMarketoとCRMをMagic xpiで連携

    【株式会社アイセイ薬局】 Magic xpiでマーケティングオートメーションとCRMを連携 ~ …
  4. 2017-5-26

    “つなぐ”技術 セミナーシリーズ第1弾『クラウド連携編』6/26(月)

    ノンコーディングでシステム連携を実現する「Magic xpi Integration Platfor…
  5. EAIマガジン

    2017-5-10

    【 セミナーレポート公開】4/25 Magic xpi 新バージョン発表イベント [ EAIマガジン0510号 ]

    【 EAIマガジン 】 マジックソフトウェア・ジャパンでマーケテイングを担当している渡辺剛と申…
Return Top